引越しの際に市役所で行う手続き

引越しをする前には、転出届を提出する必要があります。どこに提出をするかというと、住んでいる市役所や役場、区役所などです。そして、転出証明書を発行してもらわなければいけません。このとき出してもらった転出証明書は、次に住む場所で転入届けの手続きを行いときに必ず必要になる書類のため、きちんと保管しておく必要があります。なくすようなことのないよう、気をつけなければいけません。しかし、次回住む場所も、今と同じ市町村の場合ですと、転出届けを出す必要はありません。その代わりに、転居届けを提出する必要はあります。この転居届けは、次回の新しい住居に住んでからではないと、受付けてもらえない書類になります。新しい住所がわかなければできないので、注意が必要なのです。そして、転出届けの提出は、新しい住所に住み始めてから、だいたい1週間から2週間の間に終わらせておくのが安心です。忘れないうちにしておくことが重要です。転出届は、市区町村役場によっては14日前からしか受け付けてもらえない場合があります。二度手間にならないよう、事前に電話などで、市区町村役場に確認しておくことをおすすめします。また、転出届と同時に、国民健康保険や国民年金、老齢年金、乳児医療、老人医療、子ども手当、印鑑登録の廃止などもしておくと安心です。あとで、手続きのし忘れなどもありませんし、早めにしておくことで、面倒な事態を避けることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です